スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ずっと家で本読んでるわ~

最近読んで
面白かった本


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る




友達に借りて読んでます~

ざっとまとめると
古書にまつわる人々の話 って感じです(←まとめすぎで意味わからん)



この後は
本を読んでの感想みたいなものです
ひまな人だけみてくだせぇ!


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
    ~84ページまで読んで思ったこと~

 「古い本には中身だけではなく本そのものにも物語がある、」と書いてあったが それを見て わたしは「本そのものにある物語」という部分ばかりを気にして考えていたのだが、話の内容に「本の中身」もしっかり関わっていて、それでいて「中身」を重要視しすぎず 読者に教え過ぎなくすることで、このストーリー自体を楽しめるものにし 紹介されている本(ここでは「第八巻 それから」のこと)を自分で読んでみたくなれる。
 こうして考えると、ストーリーすべての事柄が 一つ一つ計算しつくされて作られていて、とても深いものだと思える。
このように、考えを深めていくうちに、栞子さんがどのようにして あのように推理したのかが、自分もわかってくる気がする。
 また、この「推理」も ストーリーの大きな魅力だと私は思う。 題名にも「事件手帖」とあるが、探偵や刑事が解決させる殺人事件 などとは、明らかに違うもののように感じれる。 こういうミステリものもあるのか、という新しい発見ができた。





めっさ長いけど
これも 感想のほんの一部です

私は、いつも 
本を読みながら
思ったことや発見したことを
どこかにメモするようにしています

そうすることで、
その時その時に感じ取ったことを
細かいところまで「そんなふうに思ったのか~」と
読み返すのがたのしいからです♪



人それぞれ読んで思うことは違うので
あんまり友達と会話が続かないので
誰かに本の感想を見てもらっているのは
なんか 面白い気分です~


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ちょっとむずかしそう~
でもチビみゆも最近ハマってるマンガが「花のズボラ飯」はまてます!!

No title

いつもコメントありがとう!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みゅうチャ☆

Author:みゅうチャ☆
なまけものゆ~の娘です!

物作りやお絵かきなどが好きです
よろしくお願いします

ブログ読み返したら、
カテゴリの日記が面白かった
(手作り紹介どこいった!)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
☆好きなサイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。